読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病の情報なら|ゆううつ部 by U2plus

U2plusがお届けする、うつ病に関するアレコレ。

うつ病をカミングアウトするたったひとつの冴えたやりかた/U2plusストーリー⑤

今日はうつ病になり、実家で療養し、さて仕事をさがそう、というお話

 

========

 

傷病手当金が切れてしまうので、生活のために仕事を探さなくてはならなかった。こんなことを考えた。

 

お金はどれくらい必要か
・生活ができればお給料は問わない(まずは生きるのだ!)

働けるかどうか
・残業がないことを前提にした雇用形態にする(契約、派遣、アルバイト、なんでもいい)
・集中力が切れると眠くなるので、寝なそうな仕事(果たしてなんだろう)
・田園都市線を使わずに通勤できる(2度と通勤には使いたくない)

起業の役に立つか
・新規事業をバンバン立ち上げている会社(できればウェブ系で)

 

仕事は企業サイトの告知を調べることにした。自社で募集をかけている採用の方がさくっと決まることが多いし、応募の競争相手も少ないだろう。

 

で、上場しているインターネット企業の応募を見つけたので申し込んでみた。巨大ウェブサービスを持ち、ほかにも多数の事業を立ち上げ続けている企業だ。内容は電話営業のアルバイト。人と話す仕事なら過眠気味のぼくでもオフィスで寝る、もしくはフリーズするという失態を犯さなくてすむだろう。

 

友人は「あの会社?ハードすぎて今度こそお前死ぬぞ」と脅してきたが、アルバイトなら大丈夫。

 

珍しくスーツを着て、面接に向かう。履歴書をだすと、面接してくれた若い社員のKさんが「あれ?この実績でアルバイトでいいんですか?」と意外そうな顔をしていた。「起業を考えていまして、働きながらもその準備をする時間を確保したいんです」と言った。嘘ではないからいちおうセーフではあるまいか。(実は一度うつ病を明かしつつ他社に応募したことがあるのだが、面接官にそれはひどいことを色々と言われてうんざりしていたのだ。)

 

面接がおわり、入口からでると携帯電話が鳴った。面接が終わって3分くらいしか経っていない。「Kです。是非弊社で一緒に働いていただければ幸いです」意志決定が早い!あっという間に仕事が決まってしまった。

 

引越をしたので、通勤時間は過労時代の片道2時間超から40分程度にまで短縮された。ルーティンの電話セールスも問題なし。はじめて電話をかけたとき、社名を名乗っている最中にガチャン!と切られてしまった。そこで「初のガチャ切りいただきました!」と周囲に言ったら、みなは「えらい心臓が強い新人が来た!」と思ったらしい。その後も成績は割とよかった。

 

ランチの時間になると、エクセルシオールにダッシュ。パンをかきこんで、45分昼寝をした。そうでないと体力が持たず、夕方になるころにはフラフラになるのだ。だから心優しい同僚たちからのランチのお誘いを断るのが心苦しかった。

 

仕事を得る、仕事がふつうにこなせる、というのは本当に幸福なことだ。実家で療養していたときは、果てしない自問自答以外なにもない生活だった。

 

そうしているうちに、営業以外の仕事も任されるようになってきた。キャンペーンの運用、広告管理系のタスク。仕事を任されるのはうれしい。しかし気がつけば、終電まで働くのがふつうになっていた。あれ?しんどいぞ?

 

部署の飲み会がある。みんなで調整して近所の中華料理屋さんで宴会をするのだが、ぼくだけ仕事があるので出席できない。夜中だれもいないフロアで、一人カタカタとキーボードを叩いている。あれ?この光景見覚えがあるぞ?

 

家に帰るころには再び身体をひきずるようになっていた。(このときにはもう精神科医・臨床心理士へのメール作戦を開始していた。)

 

苦しい働き方をこれまでもしてきたし、これからも続けるほかないのだろうか。

 

自分から仲良くしてくれていた同僚たちに珍しく相談してみた。実はうつ病なのだ。最近の働き方はしんどい。しかし重宝されているのもうれしいし期待に応えたい。みんなは口を揃えていった。「絶対に正直に話してみた方がいい」「とうどうさんの命に関わりますよ」。ぼくはもうこの時点で泣きそうになっていた。うつ病をカミングアウトする時は、涙がつきものなのだ。でも絶対にオフィスで泣いたりはしたくない。

 

ぼくはコンビニでマジックを買い、トイレでおでこに「うつ」と書いた。

 

そしてKさんのデスクに行った。「お話しがあります」といいながら、前髪を上げる。笑顔のKさん。ぼくの顔が真剣であることに気がついて困惑するKさん。「とうどうさん、ぼくは今、どんな顔をしていいのか、まったくわかりません」

 

それはそうだ。昔まだ元気だった時、おでこに「モカ」と書いてスタバに行き、ラテを注文した時も店員さんは困っていた。でもこの方法以外思いつかなかったのだ。

 

さて、と仕切り直し、「ぼくはうつ病で、今の業務量は厳しいんです」と話すと、驚きながらもしっかりと受け止めてくれた。結局今の仕事を割り振って、残業はなくなることに。「でもとうどうさん、もうおでこに何か書いて出社しちゃだめですよ」

 

こうして、うつ病持ちが働くうえで最も気に病む、職場でのカミングアウト問題を乗り越えたのだった。

 

u2blog.u2plus.jp

u2blog.u2plus.jp

u2plus.jp

u2blog.u2plus.jp

u2blog.u2plus.jp

u2blog.u2plus.jp

u2blog.u2plus.jp

u2blog.u2plus.jp

広告を非表示にする