読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病の情報なら|ゆううつ部 by U2plus

U2plusがお届けする、うつ病に関するアレコレ。

うつ病の光トポグラフィー体験記【寄稿】

U2plusユーザーのななこさんから、光トポグラフィーの体験記を寄稿していただきました。NHKスペシャルなどで話題の光トポグラフィー。果たしてどんなものなのでしょうか。

 

=======

札幌の「しもでメンタルクリニック」さんで受けて来ました。

「しもでメンタルクリニック」さんのサイトにも動画ありますがWindowsメディアプレイヤーをインストールしないといけませぬ。。

 

頭にかぶせられる帽子は予想を反して、軽いです!全く苦痛ナシ。

エコー検査の機械みたいなやつに繋がってます。

何もないテーブルにパソコン画面一台のところに座らされ、まず検査の流れを見せられて、一度練習。

「あ、い、う、え、お」を反復し、そのあと五十音の中の言葉がランダムに出て来るので思いつくままに声に出していきます。3種類ぐらいかなー。

それから最後に「あ、い、う、え、お」を終了の合図があるまで繰り返し。

言葉が、出てこない。。

知ってるはずなのに(/ _ ; )

f:id:u2plus:20160120134756j:plain

 

 

赤が考え始めた脳。。

色、薄っ!

 

こんなのが貰えます。

この赤い線が、言葉を考え始めた時にぱたっと下がってるのが、うつの典型的パターンらしいです。

統合失調症はバラバラ、双極性障害は上がっていく?って言ってたかな?

とにかく、このふたつは否定でした。

 

私は、母親が統合失調症の診断ついていたので自分も本当は…という不安があったので。ムダにテンション高いから(笑)

 

そのテンションの高さが、実は双極性の躁状態だったら自分はこの先、好きなアーティストのライブではじけることすら躊躇する…と考えていたのです。大袈裟だけど。

だから、受けて良かったです。

 

グラフの画像の右下のCH18が高いのは左側頭葉らしいんだけど、これは高い社会性を保ち、周囲ともうまくやっていける反応だと言っていました。

この言葉で、なんとか明日からもイケるかな?と。。

 

いい病院でした。

もう少し状態が良くなってきたらまた受けてみたいです。

 

===========

許可をいただいて実際の画像も公開させていただきました。

自分の病名が確定するのは、なんともいえない安心感がありますよね。

貴重なご経験を共有していただいた、ななこさん、ありがとうございました。

広告を非表示にする