うつ病の情報なら|ゆううつ部 by U2plus

U2plusがお届けする、うつ病に関するアレコレ。

「極力低価格のサービスに。」温泉合宿@箱根

自室で開発を進める川村さんにリフレッシュしてもらうため、そしてまとまった時間をとってみんなで議論をするために、箱根へ行ってきました。 とはいえU2plusはお金がないので、川村さんだけ旅費を経費で落とし、他のメンバーは自腹です。箱根登山鉄道から撮った写真こんな宿でした。 「1泊2日2食付きで1万円以下」という条件で見つけたのがこちらの箱根宮ノ下温泉 晴山荘

  • 女将が(たぶん)東北の人
  • 鮭を咥えた熊の木彫りがある
  • 夕飯にはお味噌汁とお吸い物が両方出てくる

などちょっと変なところが散見されましたが、居心地のいい旅館でした。 [caption id="attachment_388" align="aligncenter" width="300" caption="こんな旅館に泊まりたい"]豪華な旅館の写真[/caption]

こんな議論でした。

議論したのは、WEB認知行動療法の価格プランとU2plusの中長期的なアクションについて。 価格についての結論としては、こんな感じです。 ユーザーには極力低価格で提供すること。 ・うつ病患者の立場からサービスを提供するのだから。 ・再発防止の観点からも、継続的に利用しやすい価格でないと。 こんな理由です。 もちろん経営的に成り立たせなくてはいけなので、うつ病患者の方に認知行動療法を低価格で提供し続けるためには、U2plus全体でどんな戦略が必要になるのかという視点を意識しないとですね。 またセラピストの方々にも満足していただけるインセンティブを提供できるように。 ちょっと難しそうですが、U2plusは理念ベースで作られたチームなので、きっとなんとかできるでしょう。 というか、なんとかするのだ! 時間の範囲内で、どんどん決定していくという打ち合わせも大事ですが、浴衣で時間を気にせずにU2plusの今後を話し合うのもいいなあと感じました。 [caption id="attachment_389" align="aligncenter" width="300" caption="足湯カフェ"]足湯カフェの写真[/caption]

うつ対策をしました。

ぼくは友人たちと旅行に行く、というシチュエーションは、うつ病になってから初めてでした。 体力とメンタル的に持つかなあと心配だったりもしたのですが、

  • 宿に着く→夕食まで昼寝
  • 朝ご飯を食べる→チェックアウトまで昼寝
  • 翌日の会議は、足湯カフェでアイスを食べながら
  • 観光しないで帰る

という作戦でなんとかなりました。 もちろん帰ってからもたくさん寝ましたけど。 ばたり。  

広告を非表示にする