読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病の情報なら|ゆううつ部 by U2plus

U2plusがお届けする、うつ病に関するアレコレ。

U2plusが"うつっぽ"炎上から得たもの

先日"うつっぽ"を公開した直後から、いわゆる「炎上」状態となり、様々な形でご意見やアドバイスをいただくことになりました。"うつ"に特化している特殊なスタートアップであるU2plusが、今回の件でどのような知見を得たのかを以下に記します。

 

■現在のうつっぽ

"うつっぽ"が問題を抱えたいきさつについては、ブログ「"うつっぽ"の本来の目的、課題、改善」として一旦まとめました。一言で言えば拙速、公開前の検証が足りなかったと認識しています。

 

今回のリリースにより、メールを受け取って気分を害された皆様、本当に申し訳ございませんでした。 そのため一般公開がそのままフィードバックを得る機会となり、大きな騒ぎを呼ぶことになりました。

 

現在はいただいた内容を元に改善を進めている最中です"うつっぽ"という言葉自体が、人によってはショックを与えかねないため、サービス名とドメインの変更も決定しています。改善が終了しだいテストを行って、再リリースのタイミングを決定いたします。

 

現在はメール送信機能を停止しているため、いわゆる自己診断サイトとしてのみご利用できる形となります。以上現状の報告です。

 

■炎上から明確になってきたU2plusの方向性

 

"うつっぽ"に言及されたSNSやブログでは、機能面に留まらず、組織の方向性について思考を深めざるを得ないようなご意見もたくさん含まれていました。

 

U2plusはうつ病経験のある、あるいは未だに回復しきっていないメンバーにより設立されたスタートアップ企業です。

 

みんなで行う認知行動療法 U2plus」は、科学的に効果があると立証されながらも、本格的に受けるにはまだ手が届きにくく、自分独りで行うのは難しい心理療法を、うつ症状を持つ人に安価に提供することを目的としています。

 

みんなで作るうつ情報wiki事典 うつペディア」は、今まではWEB上に散在するために、幾つものサイトを巡回しなければ得られなかったうつに関する情報ー例えば各種申請の詳細や、薬が切れた時の対応方法などーをワンストップで提供することを目的としています。

 

これまでU2plusがつくってきたサービスは、「うつに関することで悩まされている人たちをサポートする」ものでした。なぜならうつ病になった私たちは、たくさんの問題に直面してきたからです。

 

ひるがえって"うつっぽ"を見たときに、「誰が悩まされているのか」が不明確でした。 「うつ予備軍の人」は悩みに気がついていなく、「周囲の人」もまだ悩んでいません。当事者ではない「うつ病を経験した私たち」が「このままだとまずいことになるから、あなたたちに早く行動してほしい」と外野で叫んでいるだけです。

 

結果として当事者を悩ませる可能性をもつサービスをリリースしてしまうこととなり、とても浅はかだったと反省しています。

 

なぜならば、これはビジネスとしてのニーズの有無以前に、我々U2plusのもつ感性からズレている可能性が高いからです。Twitterで見た「U2plusやうつペディアはいいのに、どうしたんだろう」という呟きはこのことを意味していたのだと思います。

 

"うつっぽ"については改善を進めながらも、「U2plusが行うサービスなのか」「U2plusが行うならどのような機能を用意するべきか」をゼロベースで検討していきたいと考えています。皆さんからのアドバイスをいただけたら幸いです。

 

■炎上による予想外の喜び 驚いたこととしては、大量のご意見やアドバイス、批判などの多くが「うつ病や自殺問題についてはこう取り扱うべきではないか」という内容だったことです。

 

たくさんの方々が、うつ病に対して、「本当はなんとかしたい」「どうにかならないのか」と意識をもたれていることがわかりました。 うつ病になると社会から孤立しがちな上、偏見の目で見られることも多くあります。

 

しかし今回の件で、必ずしもそうではないんだ、と感じられたのは非常に嬉しいことでした。 日本ではうつ病を受診している人だけでも100万人を超え、うつ状態にも関わらず受診していない人たちがその4倍いると言われています。

 

また、家族や同僚、地域コミュニティなどへのうつ病による影響もとても大きなものです。 U2plusは今後自分たちの基本的考えである「うつに関することで悩まされている人たち」に寄り添って、支えになるようなサービスを可能な範囲で発信し続けていこうと思います。

 

一人でも多くの方をサポートできる、よりよいサービスとなるよう、改めてU2plusはサービス改善・向上につとめて参りますので、今回の炎上に際し、ブログやSNSなどをはじめ、ご意見を述べていただいたた皆さんからも、ご意見・ご支援をいただければ幸いです。

 

U2plus代表 東藤泰宏

広告を非表示にする