うつ病の情報なら|ゆううつ部 by U2plus

U2plusがお届けする、うつ病に関するアレコレ。

U2plusベータ版リリースにあたって U2plusのマニフェスト

ラーメン屋さん兼カフェの画像8月の下旬に、実用に足る機能を揃えたU2plusの無料ベータ版を公開します。 ここで一度、U2plusがなにを目指しているのかをお伝えしようと思います。

実現したいことは、日本からうつ病を減少させることです。

僕たち自身もうつ病を経験していますが、親類、かつての同僚、友人たち、友人の友人、みなあまりにうつ病によって大変な思いをしています。 だれかが、状況を変えなくては。 僕たちでできることがあるのなら、失敗を恐れずにやってみようというのがモチベーションとなっています。 医療やカウンセリングの専門家ではないけれども、WEB業界に身を置いた経験を活かしたアプローチで今までにないことができるかも知れません。

個人的なこと。

また、これはU2plusではなくぼくの感情ですが、うつに対しての怒りがあります。 みな真剣に生きる中で、がんばったり、悩んだりした結果うつになるのです。 不摂生によって病気になるならまだしも、これは理不尽じゃああるまいか。 自分はうつが残っていて身体と脳が100%は動かないがうつ病の裾ぐらいは掴んで倒れてやる、というような妄想をしつつU2plusを立ち上げました。

うつ経験者が、うつの人を助けるサイクルをつくりたい。

将来的には、うつの人がU2plusでセラピストさん達から認知行動療法のアドバイスを受けながら回復し、そのあとU2plusでみんなに認知行動療法のアドバイスをできるようになるといいな、と考えています。 うつの人がうつの人を助けるサイクルです。 そうするとうつ経験者が増えれば増えるだけ、現在うつの人の回復を助けることができます。 ある時点で、うつ経験者が現在うつの方の人口を超えると、日本全体で加速度的に回復スピードが速まるのではないでしょうか。 うつになっても回復のアドバイスがすぐに、たくさん受けられる社会が実現できるかも知れません。 とはいえ、サービス開始からしばらくは、認知行動療法を学んだ専門のセラピストさんからのみ、アドバイスを受ける仕組みで進めていきます。 まずはU2plusを一緒に受けている方同士で、どういう風に認知行動療法を実践しているかを共有し、励まし合っていただけるシステムを利用してください。 さすがに、うつからの回復に関わる認知行動療法のアドバイスを、一般の方が行うのは危ないと思うので。 将来的にはU2plusでうつから回復した方に、認知行動療法のワークショップやチュートリアルを用意して、みんながみんなにアドバイスができるようなサービスにできたら、と思っています。

カウンセラーさん達に、もっと活躍してもらいたい。

うつには認知行動療法がいいらしい、とメディアで目にしても、実際にカウンセリングを受けることはなかなか難しいのが現状です。 これには色々な要因が絡んでいるのですが、ただ、歯がゆく思っているのはうつの人だけではなく、カウンセラーさんも同じはずです。 セラピストの方々は、たとえ安定した生活が送れなくても、それでも人の心を助けたいと決意して職業を選んだ人たちですから。 認知行動療法を学んだセラピストの先生方に、より多くの人を対象とした実践の場としてU2plusを使ってもらいたい。 多くの人たちを助けて、かつ生活と学習の機会として捉えてほしい。 認知行動療法を受けたい人がこれだけいて、かつ認知行動療法を行いたい人がたくさんいるのに、それが難しい状況は、なんとかして変えないといけないはずです。 もちろん、WEBを介した低強度の認知行動療法で効果がない方には、1対1の高強度のカウンセリングを施してほしいと思っています。 その導線もいずれU2plusでつくれたらいいですね。 追) U2plusの無料ベータ版にご興味のある方は、ブログ上部にある「★ニュースレター」からメールアドレスを登録してみてください。 優先的にベータ版のご招待をさせていただきます。  

広告を非表示にする