うつ病の情報なら|ゆううつ部 by U2plus

U2plusがお届けする、うつ病に関するアレコレ。

認知行動療法プログラムの開発も進行中!

アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング
アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング James Shore Shane Warden 木下 史彦(監訳) オライリージャパン 2009-02-18 売り上げランキング : 136555 Amazonで詳しく見る by G-Tools
現在週に一度、@komagataさんのオフィスにお邪魔して開発のMTを行っています。(おやつ付き)
今取り組んでいるのは
 
  • ユースケース作成
  • ワイヤーフレーム作成
  • 画面一覧の作成
  • 機能一覧の作成
などなど。
 
チームのメンバーで「どのような立場の人が」「どんなニーズを持っているのか」「実現するためにはどんな機能が必要なのか」を夢をたくさんもって膨らませて、次に現実的に機能を絞ってさらに半分にする、ということに取り組んでいます。
 
ぼく1人ではなく、メンバーの皆で話す事でマーケティングや拡大ステップにまでアイデアが飛び交うのがとても楽しいです。
他にも決済システムやモバイル対応など重要トピックを平行して議論しています。
RailsではDBの設計がいらいない(!?)ということなので、なるべく早く開発がスタートできるようにしたいですね。
(そのためにはぼくがワイヤーフレームを早くごにょごにょ・・・)
 
Ruby on Rails、herokuとGitHubで開発を進めていくのですが、それに加えて37signalsが提供するプロジェクト管理ツールbasecampも導入しました。
実はU2plusのサービス開発では37signalsの「getting real」というテキストを参考にしているところがあるので、basecampも使ってみたかったんですよね。
「Ruby on RailsはデンマークのプログラマであるDavid Heinemeier Hanssonにより、プロジェクト管理ツール"basecamp"の開発に用いられた知見やコードを抽出し、一般化することにより作成された。」
とウィキペディアにありますし。
開発におけるプロジェクトマネジメントだけではなく、メンバー間の情報共有が円滑になるといいなあと期待しています。
 
あとぼくの開発知識増強計画のために、「アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング 」という本を購入しました。3780円。た、高い。
もとを取るためにしっかり読もう。

 

広告を非表示にする