読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病の情報なら|ゆううつ部 by U2plus

U2plusがお届けする、うつ病に関するアレコレ。

インターンシップ形式のリワーク

ゆううつ部 うつ病とワークスタイル

 

今勤めている会社では、インターンとして大学生や院生が働いています。
期間限定で、人によっては正社員よりは勤務時間が短く、自社サービスに関する調査や改善可能性を探るような業務をしています。
 
ゆううつ部でも、いつかこのような形でうつ病の人を受け入れることができればなあと思っています。
僕がリハビリ中に思ったのは「短時間で良ければ、素晴らしい働きをするのに!」ということでした。
ハードワークは無理そうですが、週に数日、短時間ならば集中して業務をこなせるし、就業以外の時間を使って色々な情報をインプットできる。
 
報酬は少なくていいので、こんな形で働かせてくれる職場があれば・・と考えていました。
 
長期間休養をとっていたうつ病の人が、いきなりフルタイムで働き出すのは難しい。
電車に乗るだけでも消耗し、職場でも8時間以上の集中を初めからするのは大変。
そこで「リワーク」プログラムがあればいいのですが、専門的なところは予約を取るのが大変です。
ならアルバイト。。となるのですが、今さらマクドナルドとかで働くのはちょっとやだ。
 
インターンを模倣した形なら、それまでの職業経験を活かしてサービスを改善してもらいつつ、無理のないリワークになるのではないかと思うのです。
うつ病で、「今はフルタイムでは厳しい。でも専門的なことわかるよ」というエンジニアや、WEBディレクターや、デザイナーの方はたくさん、本当にたくさんいるはず。
 
昼寝ができるソファを用意して、そういった方々にうまく利用してもらう(かつサービスを改善してもらう)仕組みをいつか作りたいなあと思っています。

 

広告を非表示にする