読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病の情報なら|ゆううつ部 by U2plus

U2plusがお届けする、うつ病に関するアレコレ。

U2plus出版企画第2弾:うつ病回復エピソード集&ゆううつ部手帳

出版プロジェクト 書籍ゆううつ部!

先日某出版社さんと企画の打ち合わせをしてきました。 こんな内容です。

  ・うつ病から回復した普通の人が、どんな生活をしてきたのかインタビューする ・それをWEBマガジンに掲載していく ・単行本として出版 ・付録としてゆううつ部手帳をつける   まず邪な動機として「東藤の生活費稼ぎ」があります。 自分にお給料を未払いという素敵な状況になってきたので、なにかギャランティーがあるお仕事をしようかなと考えました。 (増資を早くしないとですね!します!)   カジュアルな医療系のコラムが掲載されているWEBマガジンがあったのでそこに「連載させてほしい」とメールをしました。 すると、すっかり忘れていた頃に「いつ会いましょうか」というメールが! 「今は正式リリースに向けて忙しいんだ!後にしてくれ!」というタイミングですが、うれしかったので会いに行ってきました。   編集者のKさんとSさんは「今日はお話しだけ~」と言っていたのに、気がつけば1時間ちょっとで企画がまとまってしまいました。   上にあるスライドは、打ち合わせのあとに担当編集者さんにおくった企画概要です。 ちょっと字が小さくてすみません。     うつ病から回復した普通の人が、どんな生活をしてきたのかインタビューする   うつ病の方のつらいところは色々ありますが、「そもそも回復するんだろうか」「ずっとこのままなんじゃないか」と感じるところもあるんじゃないでしょうか。 WEBや書籍では現在進行形の闘病記は多くても、「こんな生活をしていたら回復した」「こんな行動がよかった」という情報は少ないように感じています。   コミックエッセイや有名人の体験記なども世の中にはありますが、これは特殊な職業の方なのであまり参考にならないんじゃないかな。   なので「普通の人にインタビューする」というのがメインです。     WEBマガジンに掲載していく   これは著者がちゃんと締め切りを守るための仕組みらしいです(笑) ただU2plusが自分でサイトをつくるよりもリソースの面で助かりますし(正式リリース命!)、見てくれる方も広がると思うので大歓迎ですね。 想定しているWEBマガジンではSNS系の共有ボタンやRSSがついていないので、対応してくれるとうれしいんですが!     単行本として出版   ここで始めてギャランティーが発生するようです(笑) 出版社さんがだしてくれると、書店営業をしっかりしてくれるのがうれしい。 この本に注力してくれるかはわかりませんが・・・     付録としてゆううつ部手帳をつける   これをやりたかったんです! 「薬を飲んだかチェック」とか「シールで体調を記録」とか「寝れたか」「3食たべたか」とか生活リズムを整える仕組みがそろった手帳がほしい! 以前はGoogleカレンダーで生活リズムを記録していたんですが、挫折しました・・・   認知行動療法的な仕掛けをいれたり、医療費控除や自立支援医療のマメ知識を入れたりしたいと思っています。   さらに邪な動機として(笑)うまくいったら、ほぼ日手帳のように毎年だせる! U2plusの定期的な収益源にできる! (東藤の生活費がどうなるのかはよくわからない)   というわけで、編集会議を無事通過するといいなあと思っております。

広告を非表示にする