読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病の情報なら|ゆううつ部 by U2plus

U2plusがお届けする、うつ病に関するアレコレ。

セラピストさんとの意見交換会

セラピストさん U2plusプロジェクト

こんにちは、猪熊です。 最近寒さが一気に増してきましたが、皆さんお身体の調子は大丈夫でしょうか? さて、少しご報告が遅くなってしまい申し訳ありませんが、 先週の11/25(金)に『セラピストさん意見交換会』を行いました! [caption id="attachment_605" align="alignnone" width="200" caption="秋葉原のとある居酒屋にて…(笑)"][/caption] それぞれのお仕事後のお忙しい中、小堀先生をはじめとする8名のセラピストさんとスカイライトコンサルティングの小川さんにお越しいただき、U2plusに関するテーマに沿ってご意見をお聞きしたり、議論していただいたりしました。 今日は、そのときの内容を少しご紹介させていただきますね。 最初のテーマは「セラピストとして参加するにあたって、U2plusに期待すること」でした。 U2plusのサービスは、ユーザーの皆さんが使いやすいように、継続しやすいように、という視点はもちろん大事にしていますが、それもセラピストさんのご協力無しには実現できません。 ユーザーの皆さんと同様に、セラピストさんにも気持ち良く有意義に使っていただけるよう、U2plusがどういうメリットをセラピストさんに提供でき、モチベーションとしてもらえるか?という点は今回しっかりお聞きしておきたいことでした。 実際に出していただいたご意見は…

  • ・普段、セラピスト同士が交流する機会があまりないので、定期的にこのような意見交換会などを開催して、様々な情報を共有できるようにしてほしい。
  • ・セラピストがユーザーの方に書いたアドバイスに対して、セラピスト同士がお互いに意見を交わせるような仕組みがあると勉強をし合うことができて嬉しい。

  セラピストさんは、皆さん本当に熱意や現状への問題意識を強くお持ちで、U2plusは主に学びの場としての期待が大きいということが分かりました。 もちろんユーザーの皆さんからの反応も大きなモチベーションの一つになっているとのことでしたので、「ベストアンサー」を押していただいたり、ユーザーアンケートでいただいたご意見などはとても嬉しくて頑張ろうという気持ちになるし、参考になっているとおっしゃっていました。   二つ目のテーマは「今後、U2plusのサービスとしてやってほしいこと」です。 セラピストさんの視点から、U2plusをどのようにしていきたいかという点をお聞きしました。 このテーマに関していただいたご意見は…

  • ・クリニックに対してU2plusの紹介をし、ドクターから患者さんに紹介してもらってはどうか。
  • ・うつ病家族に対しても何かアプローチがあると良いのではないか。
  • ・予防としての利用や、自身の患者さんのフォローアップに使えるようになると良いのではないか。

  セラピストの皆さんは実際にクリニックや大学などで臨床心理士として活躍されている方が多いので、その現場からのご意見として、上記のようにとても現実的で実際に必要とされているような今後の展望案を出していただくことができました。   私の文章はとてもヘタクソで読みづらかったとは思いますが、 U2plusに参加していただいているセラピストさんたちが真剣に色々なことを考えながら 協力してくださっている様子は少しでも伝わりましたでしょうか? このブログのコメント欄もしくはTwitterアカウント、Facebookページなどにでも セラピストさんへの応援メッセージなどをいただければ、私たちが責任を持ってお伝えしますので、もしよろしければ何かお言葉をいただければと思います!   Twitterアカウント:@youutubu_U2plus@toudou_U2plus Facebookページ:ゆううつ部 by U2plus  

広告を非表示にする