読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病の情報なら|ゆううつ部 by U2plus

U2plusがお届けする、うつ病に関するアレコレ。

「U2plusへひとこと」へのご対応7/2

認知行動療法 U2plusプロジェクト U2plusのサービス

U2plus.jpサイト内に寄せられたコメントの中から、質問だったものにお答えします。

質問:セラピストにどうやったら質問できるのか分からない

 

回答:コラム作成画面からアドバイスを求めることができます

 

U2plusではコラムを作成する際、別の考え方を見つけようとしても思いつかない、また他にどんな考え方ができるのか知りたいときにセラピストにアドバイスを求めることが出来ます(アドバイスを求める機能はスタンダード会員のみ利用可能)

U2plusへひとこと01の画像

アドバイスを求める機能は、コラム作成画面のステップ2、3の画面に表示されている 「アドバイスを求める」ボタンを押下することで利用することができます(画像参照)。

 

U2plusユーザー自身が認知行動療法を行っていくことで、ユーザーが自分の力で、うつや不安を緩和していけることを目指しているため、上記のような機能を設けています。ユーザーがセラピストに自由に質問をするサービスはございません。

 

ただし、認知行動療法を行う上で困ったことがあれば、問い合わせまでメール、 もしくは「U2plusへひとこと」機能をご利用いただければ可能な範囲で対応します。

質問:コラムをあとで編集しようとしても、一度書き込んだところは追記など出来ないのは、こちらの使用環境のためでしょうか? Macで、ブラウザはSafariを使用しています。

 

回答:コラムの編集はステップ2以降のみ行える仕様となっています ステップ1で記入した「起こったこと」と、「どのように受け止めたか、感じたか」ということは、書き直すことが出来ません。

 

それは、コラムは最初にどう受け止めたのか、感じたかか、そのときどのような感情があったのかを基点として、別の考え方・受け止め方を探し、それによって感情がどのように変化したかを記録していくことに意味があるからです。

 

この別の考え方や受け止め方は無数にあり、時間の経過とともに変化することも多いので、ステップ2以降は何度でも編集することができます。一度作成されたコラムを見直して、あの時はああ考えたけど、今はこうも考えられる。今の受け止め方の方が気持ちが楽だな、という気付きがあれば、編集してみてくださいね。

=============================

U2plusの認知行動療法ではこんなやり方で、うつを回復させていきます。

WEBでできる うつ病症状の予防と回復、再発防止のサポートサービス U2plus

広告を非表示にする