うつ病の情報なら|ゆううつ部 by U2plus

U2plusがお届けする、うつ病に関するアレコレ。

事業譲渡から数日が経って

こんにちは、東藤です。

U2plusをLITALICOに事業譲渡してから、すこし時間が経ちました。
そこで今思っていることをつらつらと。

 

・ビジネスオーナーではなくなることで、喪失感のようなものを経験するのかな、と思っていましたが、特にありません。


ぼくはU2plusのアイデアの素があり、立ち上げる力がなんとかあり、実現してくれる仲間たちがいました。めぐりあわせがよかっただけで、僕自身が経営することにあまり意味は感じていなかったようです。

 

最初からあまり起業のエゴがなかった、と言い切ってしまうと若干うそになるのですが、U2plusを回していく中で、沢山のご協力をいただく中で、そのような気持ちはなくなりました。かつての、そして新しい仲間やユーザーがすこしでも価値を感じられたら、それでいいと思っています。

 

・LITALICO、いい会社である
事業譲渡の交渉からはすでに半年近いお付き合いをさせていただいています。交渉の途中では「トップの考えはわかった。しかしスタッフはどんなマインドなのだろう」という心配がありました。

 

交渉の最前線も、今のプロジェクトリーダーも変わらずYさん。U2plusの今後は彼にかかっていると思っていましたが、マインドが素晴らしいです。「今はうつの人の気持ちが知りたい」と言うので、ご紹介したひとたちは数知れず。うつパートナーズ東京にもご参加いただきました。これまでU2plusはうつ経験者によって運営されていましたが、これからはうつ経験のない人が中心を担っていきます。そこには、豊富なリソースというメリットと、ユーザーファーストではなくなるというデメリットがあります。しかし、彼なら大丈夫なのではないかな。

 

また普段オフィスで接する人たちも、気軽に声をかけてくれてうれしいです。今は週に一度しか出社していませんが、アウェイではなくホームな感じがします。(今後はもうちょっと出社を増やしてコミットする予定です。)

 

・新サービスも展開していきます。
オンラインの電話相談もはじめました。ついでに宣伝をすると、今はモニタリング期間で、無料で相談できますのでぜひお試しください。しんどいときは、最初は無言でも大丈夫ですよ。
http://menty.jp

 

他にも、うつの方に使えるサービスを企画しているところです。U2plusらしく、とっつきやすくて、シンプルで、核心をつけるサービスにしていきたいです。

 

・体調について
最近のぼくの体調はというと、主治医から、「このまま行けばあと半年くらいで治るかも」と言われました。この間からジムに通って、体力造りをしています。さすがに10分歩いた程度でへばっていてはまずい…近頃は毎日のように誰かしらとお会いしています。ハッカソンに参加したり。人と真剣にディスカッションすること、体力をつけることがなによりのリハビリだと思って楽しくがんばります。

 

U2plusに興味のある、うつ経験のある方がすこやかに過ごせますように。どんなにしんどい経験をされたかは想像が追いつきませんが、あなたが今この時点までサヴァイブしていることが、今後の人生において、なによりの経験となると信じています。

広告を非表示にする